フィルカル Vol. 2、No.2
59cf2ef7c8f22c07580022a6

フィルカル Vol. 2、No.2

¥1,080 税込

送料についてはこちら

版元:㈱ミュー P235 A5判ソフトカバー 2017年9月刊 研究者たちが自ら作った哲学雑誌『フィルカル』のvol.2 no.2が入荷 。いま動きが活発で研究も盛んな「分析哲学」。その手法を使い、社会現象や文化を見ていく哲学の可能性を探る。 哲学への入門 「デヴィッド・ルイス入門 第1回 可能世界と様相の形而上学」(野上 志学) 文化の分析哲学 ●特集シリーズ:アイドル 論考「メディアを跨ぐヴィヴィッドな想像―『Tokyo 7th シスターズ』における「跳ぶよ」というセリフの事例から―」(シノハラユウキ) 論考「その歌は緑の髪をしている―ボーカロイドとメイクビリーブ―」(松本 大輝) ― 論考「『忠臣蔵』と『神無月の巫女』―理解され得ない欲求、のジレンマ―」(新野 安) 論文「大森靖子と推論主義」(川瀬 和也) 社会と哲学 報告「苦悩の臨床哲学」(本林 良章) コラムとレビュー 連載コラム「生活が先、人生が後」第4回 更生した不良は正論に勝てるのか(長門 裕介) レビュー「2017年上半期書評」(長門 裕介) レビュー「高畑勲『アニメーション、折りにふれて』」(八重樫 徹)