震災と文学 講義録
5aa0f1705f786609b9000502

震災と文学 講義録

¥2,970 税込

送料についてはこちら

編:東北学院大学地域共生推進機構 版元:荒蝦夷 P302 四六判ソフトカバー 2018年3月刊 その未曽有の出来事のなかで、文学に、言葉に、何が出来るのか。それぞれの立場から真摯に語った、東北学院大学連続講座の記録。一人一人が生きなおす視座を与えてくれる一冊。 【内容】 ・震災と谷崎潤一郎/山折哲雄(宗教学者) ・島尾敏雄、あるいは海辺の文学へ/赤坂憲雄(学習院大学教授・福島県立博物館館長・遠野文化研究センター所長) ・〈悲しみの知〉としての物語――死者の語りの地平から/山形孝夫(宗教人類学者) ・死者を仲立ちとした応答――3・11後の林京子と大江健三郎/小森陽一(東京大学大学院教授) ・文学に何ができるのか――被災者とその他の人たちの距離/池澤夏樹(作家・詩人) ・いとうせいこう、仙台で語る/いとうせいこう(作家・クリエイター) ・ここにある〈未来〉――災厄で何があらわになるのか/西谷修(哲学者・立教大学大学院特任教授) ・言葉とコトバ――書くことの秘義/若松英輔(批評家・随筆家) ・南相馬からみた震災/柳美里(小説家・劇作家) ・震災文学の行方/熊谷達也(作家) ・震災と怪談文芸と/東雅夫(アンソロジスト・文芸評論家・怪談専門誌『幽』編集顧問) ・あの日から詩を書き、探していること、見つけたこと。/和合亮一(詩人) ・賢治の祈り、東北の祈り/平田オリザ(劇作家・演出家・こまばアゴラ劇場芸術総監督・劇団「青年団」主宰)