胎児のはなし
new
5c57f1f4e73a2542e105e1ec

胎児のはなし

¥2,052 税込

送料についてはこちら

著:最相葉月+増﨑英明 版元:ミシマ社 P300 四六判ソフトカバー 2019年1月刊 人は胎児の時、生命が遂げた進化の過程を辿ることを示した書が三木成夫『胎児の世界』だった。それから三十五年、科学技術の進歩により子宮という「密室」の胎児はよく見えるようになったが、謎は深まるばかり。その胎児の世界を楽しい掛け合いで読む。