断片的なものの社会学
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

断片的なものの社会学

¥1,716 税込

送料についてはこちら

著:岸政彦 版元:朝日出版社 P244 四六判ソフトカバー 2015年6月刊 社会学者の著者はこれまでマイノリティを中心とした様々な人物の聞き取りを行ってきた。そこでは研究に書かれた時間よりも、些細なことゆえ見逃されてしまった、書かれなかった時間が心に残ったという。そうした「断片的な」記憶から想起された社会の様相。シーンがつなぎ合わされたような美しい文章は、学問を超えた一人の文筆家の存在を印象づけた。