ねむらない樹 vol.5
5f227c35d7e1d847cccd5665 5f227c35d7e1d847cccd5665 5f227c35d7e1d847cccd5665

ねむらない樹 vol.5

¥1,430 税込

送料についてはこちら

版元:書肆侃侃房 P176 A5判ソフトカバー 2020年7月刊 書肆侃侃房の短歌ムック『ねむらない樹』の5号が入荷。特集は、短歌における「わたし」。それは共有できるものなのか、拡張していくものなのか。あいまいな「わたし」を考える。そのほかくどうれいんさんの特集など。 【目次】 *版元サイトより ■巻頭エッセイ 大前粟生「日々の時間のこと」 ■特集1 短歌における「わたし」とは何か? 宇都宮敦×斉藤斎藤×花山周子 座談会「コロナ禍のいま短歌の私性を考える」 大辻隆弘「「私性」という黙契」 荻原裕幸「作中主体って何?」 柴田葵「正直になりたい」 井上法子「かぎりない「わたし」たち――「幻想」のむこうがわから」 山内志朗「内臓と鬼火と星空と――短歌における〈私〉ということ」 吉田恭大「メラーニアから 斉藤斎藤についての私論」 ◎アンケート 米川千嘉子/我妻俊樹/大塚寅彦/嶋田さくらこ/東郷雄二/堂園昌彦/土井礼一郎 ■特集2 学生短歌会からはじまった 土岐友浩「二〇〇九年の春」 学生短歌会アンソロジー(廣野翔一選) 三上春海「〈さびしさ〉について」(北海道大学短歌会) 浅野大輝「ぼんてん」(東北大学短歌会) 青松輝「doubleheader」(東京大学Q短歌会)    髙良真実「歴史と伝統、韻律について」(早稲田短歌会) 鈴木加成太「僕らが幽霊だったころ」(大阪大学短歌会)  井村拓哉「上終の歌」(上終歌会) 川上まなみ「たった一つの」(岡山大学短歌会) 石井大成「二年半と放り投げられた石」(九大短歌会) ■特集3 くどうれいん/工藤玲音 エッセイ「夏のUターン」(くどうれいん) 短歌「花束に氵」(工藤玲音) 俳句「洗顔」(工藤玲音) ◎私の知っているくどうれいん 神野紗希「雨のち晴れ」 千種創一「ゆきとゆき」 郡司和斗「花束」 山下翔「地震のあとで」 溺愛「狼牙風風拳」 松本てふこ「雨と蝶、五月の邂逅」 仲間桃子「雨上がりの新宿」 くどうれいん×スケラッコ 対談「ミステリアスになりたい!」 くどうれいんのざっくりもりおかMAP ■作品20首 ■第2回笹井宏之賞受賞者最新作 ■特別寄稿 大森静佳「カミーユをめぐる旅」 ハイパーミサヲ「「冬野きりん」だった私はプロレスラーになった」 大岩雄典「助動詞のインスタレーション」 笠井瑠美子「短歌と製本」 ■コラム 谷じゃこ「石原ユキオになりたい」 伊藤紺「呪いの歌」 戸田響子「幻のやりたいこと」 日置俊次「ダルメシアンのスキップ」 法橋ひらく「ヒヤシンス」 宮川聖子「飛行機嫌い」 堀静香「おうごんの鳥」 浪江まき子「祝福の方法」 ■歌人への手紙 佐藤弓生×尾崎まゆみ ■歌人の一週間 カン・ハンナ/八重樫拓也/鯨井可菜子/ナイス害 ■忘れがたい歌人・歌書 ■ねむらない短歌時評 ■笹井宏之への旅 石川美南/筒井孝司「宏之の短歌が生まれた場所、人①」 ■書評 ■読者投稿(テーマ:「底」もしくは自由) 選者=永井祐 野口あや子