増補改訂版❝ひとり出版社❞という働きかた
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

増補改訂版❝ひとり出版社❞という働きかた

¥2,002 税込

送料についてはこちら

編著:西山雅子 版元:河出書房新社 P274 四六判ソフトカバー 2021年7月刊 港の人、赤々舎、ミシマ社、土曜社、ミルブックス…。自ら出版社を立ち上げた10人の、個性豊かな発想と道のり、奮闘をリアルに綴る。本書が2015年に刊行されたのちもここに登場する出版社の方は、みな変わらず魅力的な本を世に送り出している。それはこうした分母を小さくしながら満足いく本を出していくという仕事が、理にかなっているという表れかもしれない。詩人・谷川俊太郎のスペシャル・インタビュー、島田潤一郎、石橋毅史、内沼晋太郎らの寄稿も収録。新たに寄稿された、コロナ後の働きかたを含む増補版。