更年期障害だと思ってたら重病だった話
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

更年期障害だと思ってたら重病だった話

¥1,540 税込

送料についてはこちら

著:村井理子 版元:中央公論新社 P176 四六判ソフトカバー 2021年9月刊 病気、そして死というものは、突然、誰のもとにもやってくる。四十代後半、体調不良は更年期障害かと思っていたら、ある日その違和感は大きな異変に変わっていた…。シリアスな話を、冷静かつユーモア忘れず語ったドキュメント。