土になる
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

土になる

¥1,870 税込

送料についてはこちら

著:坂口恭平 版元:文藝春秋 P272 四六判ソフトカバー 2021年9月刊 土をさわり、匂いを嗅ぎ、その状態を確かめるうちに、坂口恭平は土になって、「人間ではないものからの力」を得るようになった。畑で野菜を育てながら、絵を描き、文章も書く日々の記録。それは「治癒」と呼ぶには創造的すぎる営みである。