はたらく本屋
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

はたらく本屋

¥1,650 税込

送料についてはこちら

文:矢萩多聞 写真:吉田亮人 版元:Ambooks P24 ミシン中綴じ製本 【内容】 *版元サイトより 「はたらく」ってなんだろう―― 朝から晩までひとりの人にはりついて、その仕事や暮らしぶりをつぶさに見つめる写真絵本「はたらく」シリーズ。 本文はリソグラフ印刷機によるスミ+金インク2色刷り。製本はミシン糸とじ中綴じ。シンプルだけど、どこかなつかしい絵本をお届けします。 第一巻は、大阪にある本屋「長谷川書店」ではたらく、みのるさんの一日におともします。 朝、お店のなかでは、とどいたばかりの本がぎっしりつまった箱がいったりきたり。いそげいそげ、もうすぐ10時。お客さんがやってくる――。 子どもからお年寄りまで、町の人たちが行き交う縁側のような本屋で、日々くりかえされるありふれた奇跡。(2刷)