選挙活動、ビラ配りからやってみた。「香川1区」密着日記
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

選挙活動、ビラ配りからやってみた。「香川1区」密着日記

¥1,760 税込

送料についてはこちら

著:和田靜香 取材協力:小川淳也 版元:左右社 P208 四六判ソフトカバー 2021年12月刊 前著でこの国の政治制度や社会に関し、言葉によるぶつかり稽古を一からはじめた著者が、「衆議院選挙」という現場を見て、考えた記録。有権者から見たその世界は、一体どのようなものだったのか。 【目次】 *版元サイトより はじめに 民主主義をやりに来た ※ただしノープランで  10月18日(月) 明日からいよいよ本場所(衆院選)! 対談 争点は自分中心で考えていい 中原一歩×和田靜香 10月19日(火) 相撲ライターなのに出陣式でスピーチ⁉ 10月20日(水) 「選挙の主役は有権者だ」ってもっと伝えてほしい 10月21日(木) アナログな「ドブ板選挙」ってそんなに大事? 10月22日(金) 密着5日目にして「選挙ハイ」 10月24日(日) 選挙ってなんで休みがないの? 10月25日(月) 小川さんは「国会の希少動物」 10月26日(火) 高松で東京10区の不在者投票 10月27日(水) 選挙が終わるのが〝寂しい〞 10月28日(木) キョンキョンとインスタライヴ⁉ 鼎談 「政治の話なんてしちゃダメ」をひっくり返そう 小泉今日子×和田靜香×小川淳也 10月29日(金) 自分をあきらめたくないから香川に来た 青空対話集会 「これって私のせいですか?」その不安を何とかしたい 小川淳也 10月30日(土) 手ぶらでも大丈夫、投票に行こう 10月31日(日) うぉおおお勝ったぁぁぁ! よもやの「ゼロ打ち」 11月1日(月) 「時給はいつも最低賃金」じゃなくなったけれど 11月2日(火) 選挙、うどん、また選挙⁉ まとめ 相撲ライター、投票日直前に候補者に物申す!  おわりに どうせなら選挙は祭りがいい  追記 「立憲民主党代表選挙」――閉ざされていた扉が開いた