千年の読書 人生を変える本との出会い
other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

千年の読書 人生を変える本との出会い

¥1,980 税込

送料についてはこちら

著:三砂慶明 版元:誠文堂新光社 P302 四六判ハードカバー 2022年1月刊 食や仕事、死など人生と密接に関わり合うテーマを語りながら、自然とそこにはテーマに沿った〈本〉が引き出されていく。一冊の本がいつの間にか次の本へ。静かな声で語られる、終わりのない読書。 *Titleでお買い上げの方には、リーフレット「千年売り続けたい本」を差し上げます。 【内容】 *版元サイトより 「シェイクスピアはマーロウがいなかったら、マーロウはチョーサーがいなかったら、チョーサーは無名の詩人たちが道を拓き、生のままの粗野な言葉づかいを直していなかったら書けなかった」―ヴァージニア・ウルフ 私たちが何気なく本屋で手に取る一冊は、実は人類の悠久の歴史と地下水脈のようにつながっています。 そして私たちが千年前に書かれた『源氏物語』に共感したり感動したりできるのは、「本」というメディアが存在するからです。 本には人の人生を変えるほどの力があります。俳優を目指していた著者の友人は、サン・テグジュペリの『夜間飛行』を読み、パイロットになることを決意しました。 本書は、人気イベント兼冊子「読書の学校」発起人であり、梅田 蔦屋書店で人文コンシェルジュを務める書店員・三砂慶明氏による、とてもパーソナルで、それゆえに普遍的な、本をめぐる考察。 なぜ、本には人生を変えるほどの大きな力があるのか。 そしてどうしたらそんな本に出会うことができるのか――。 雑誌「サンガジャパン」に2016年から5年間連載した内容を凝縮し、さらに大幅に加筆しました。 「生きづらさ」「働き方」「お金」「食」「幸福」「死」といったテーマで各章を構成。 250冊を超える古今東西のおもしろい本を縦横無尽に紹介する読書エッセイ。 本を通した世界の見方、そして「人生を変える一冊」に巡り合うためのヒントを紹介します。