new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

植物考

2,200円

送料についてはこちら

著:藤原辰史 版元:生きのびるブックス P240 四六判ソフトカバー 2022年11月刊 これは今まで見たことのない藤原さんだ。植物のふるまいを観察し、「植物らしさ」とは何かを考える。そうした植物の哲学は、行き過ぎた人間社会に何かよき示唆を与えるものかもしれない。ジャンルを横断し人間の内なる植物性を育てる論考。 【目次】 *版元サイトより ◆第1章 植物性 植物と人間の違い  植物性 植物は動かないのか  炸裂 人間の根と葉  ◆第2章 植物的な組織 出町柳の根性松  植物の知性について  マンクーゾの描く植物的な未来  植物的な政治? 評価機構なき組織化 マンクーゾを超えて  ◆第3章 大気のクリエーター コッチャの「植物の哲学」  枯葉剤  大気と太陽  浸り  「浸り」を買う時代 ◆第4章 植物の舞踏―ブロースフェルトの『芸術の原形』に寄せて ブロースフェルトの写真  ベンヤミンの評価  建築物としての植物  彫刻作品としての植物  踊りとしての植物  『芸術の原形』が教える植物論 ◆第5章 根について 起死回生  根の形態  植物恐怖症  ハンナ・ヘーヒ  立てこもる庭  ヘーヒの植物の絵の特徴  嵐の時代の根毛  ◆第6章 花について 花束について  劇場としての花  理性としての花  ◆第7章 葉について 「モンステラ王」  裂ける葉  食べられる葉  飛翔できない鳥  植物性の青い針  葉のない植物  冷却装置としての葉  ゲーテにとっての葉  教訓詩「植物のメタモルフォーゼ」  空気間隙  植物の多孔性  ◆第8章 種について 種とはなにか  種と風船  植物と歴史学  植物と帝国主義  『植物と帝国』  種に振り回される人間の歴史  バジルの慈悲  『種蒔く人』のなかの植物  理草花  思想を食べる  吸水と酵素  血と土を超えて  ◆第9章  「植物を考える」とはどういうことか 植物らしさの在処  完全菜食主義者の「植物中心主義」批判  植物の権利  植物の美  植物を食べること  スキン・プランツ  あとがき

セール中のアイテム